このブログについて&プロフィール

このブログについて

このブログは、占いについて集めたさまざまな情報を掲載しているブログです。

 

占いは日本だけでなく、世界中で古くから行われ、あるときは国、あるときは人の支えになるものでした。

占いは人々の生活に根付き、現在は娯楽として楽しんだり、コミュニケーションツールとして使用したり、時には自己の発見に役立てることもあるでしょう。

 

占いの原点は「易経」という本で、その内容を理解するのはとても難しいです。

「易経」は儒教の教典で、人が生きていく上での道、教えが書かれていて、哲学的なものも含まれています。

 

その成り立ちを知った時、占いを単なる楽しみとして行うことはもちろん、心の整理に役立てることもできるのでは?と思い、占いに興味を持ちました。

 

そして占いについての情報を集めるとともに、私自身その手法を学びました。

学びに終わりはないので、現在も勉強中ですが、これまでに集めた情報や、私自身が学んだこと、感じたこと、占いに対する考え方などを掲載しています。

 

また、修得した手法を使い鑑定も行っているので、そのサービスの紹介もしています。

興味を持たれた方がいらっしゃればご覧ください。

ガーベラ・フォーチュン管理者:武部沙樹

 

プロフィール

武部 沙樹(たけべ さき)

50代

姓名判断を中心に、手相や算命学を使って鑑定をしています。

私と占いとの出会いは、人生後半の生き方に悩んでいたときです。

いくら考えても答えが見つかりませんでした。

そんな時ふと「占ってもらおう」と思ったのです。

実は私は「占いなんて当たらない」と思っていたタイプです。

胡散臭いなぁと思っていました(^^;

でも、出口がまったく見えず、何でもいいから何かをやりたかったのです。

そして半ば諦めの気持ちで占ってもらったのが、私と占いとの出会いでした。

鑑定の結果は、

あなたにはこんなところがありませんか?

こんなものが向いていますよ

あなたはこういうのは苦手ですよ

そんな感じのものでした。

全部を鵜呑みにしたわけではありません。

でもその中に気づきがありました。

 

今まで薄っすらと感じていた自分の長所や短所を自覚することができて、気持ちの整理になりました。

また、今まで目を向けていなかったけれど、「言われてみたら向いているかも」と思うところもありました。

この経験で、占いは当てるものではなくて、人に気づきを与えるものなのだなぁと思ったのです。

占いのことを調べたら、古くから行われていたこと、大切な儀式だったことも知り、占いに興味を持ったのです。

 

私がいくつか占ってもらって、共通して言われたことは、

私の使命は「伝えること・教えること」

そしてテーマは「癒し」でした。

そんな風に生きられたら、そんな人になれたら素敵だなと思いました。

 

占いは当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、当たる方に導くのは、自分自身の心持ちです。

鑑定結果の中から、自分が良いと思ったものをチョイスして、自分を信じて行動することが良い方向へ繋げる秘訣だと思います。

 

「伝えること・教えること」「癒し」というキーワードを道しるべに、憧れの自分に近づいていこうと思います。

 

そして、悩んでいる人に、何か気づきをもたらすことができたら・・・そんな思いで鑑定を行っています。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました